• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年12月24日

チドメグサ

チドメグサの画像
生育中期

項目 内容

1.学名

Hydrocotyle sibthorpioides Lam.

2.科名

セリ科

3.成長期間

2~11月

4.花期

6~9月

5.食用・薬用・毒性

薬用:止血作用があるとされる(葉のしぼり汁を患部に塗布)

6.生育場所

常緑の多年草。道端、空き地、庭先などの湿った日陰に生育する。

7.外観の様子

葉:直径は1~1.5cmで、切れ込みは浅い。
花:葉のわきから細い花柄を出して、多数の白色の小花が球形に集まって咲く。花茎の高さは、葉柄と同じかそれより低い。
8.その他 和名は「血止め草」で、収斂作用をもつ葉が止血のために使われた。
近縁種のノチドメと比較すると、全体的に小型。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?