• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

タネツケバナ

タネツケバナの画像1
開花期

タネツケバナの画像2
開花・結実初期

項目 内容

1.学名

Cardamine flexuosa With.

2.科名

アブラナ科

3.成長期間

10~6月

4.花期

10~5月

5.食用・薬用・毒性

食用:若芽や花蕾を、生食または茹でておひたしや和え物、酢の物などにする。

6.生育場所

水田や空き地などの湿った場所に生育する越年草。

7.外観の様子

茎:暗紫色または緑色で、短い毛がある。
葉:羽状に分裂して、先端が大きい。小葉(複葉を構成している葉)は円形または長楕円形で、全縁(葉縁のぎざぎざがない)や波状縁のものがある。短い毛がある。
花:茎の先に、小さい白色の十字状花をつける。
果実:長く、茎に沿うように直立する。

8.その他 和名は「種漬花」で、水稲の苗を作るため種籾を一晩水に漬ける時期に、本種が花を咲かせることから。
本種と似たものに外来種のミチタネツケバナがあるが、本種よりやや乾燥地に生え、全体的に小型で、根出葉(茎が短く、株元から出る葉)が結実期まで残ることから区別できる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?