• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年12月24日

ハコベ(ミドリハコベ、ハコベラ)

ハコベ開花期の画像
開花期

ハコベの花の拡大の画像
花の拡大

項目 内容

1.学名

Stellaria neglecta Weihe

2.科名

ナデシコ科

3.成長期間

ほとんど通年

4.花期

4~8月

5.食用・薬用・毒性

食用:若く軟らかい茎葉を採取し、茹でて煮浸しや和え物、スープの浮き身などにする。淡泊な味で、やや埃っぽい匂いがする。
薬用:歯槽膿漏の予防(ハコベ塩)、利尿(全草)の効果があるとされる。

6.生育場所

道端、荒地、林縁、田畑の周囲などいたる場所でごく普通に見られる多年草。

7.外観の様子

茎:地面を這って伸び、先はやや立ち上がる。茎をちぎると、糸のような維管束が見える。
葉:淡い緑色で、全縁(葉縁のぎざぎざがない)の小さな葉を対生する。葉質は軟らかい。
花:白色の小さな花をつける。花弁は5個だが、2つに深く裂けているため、10花弁に見える。
8.その他 ごく身近にある野草で、春の七草のひとつ。鳥の緑餌として好まれる。
ヨーロッパではかつてハーブとして扱われ、生食やバター炒めにしたり、鎮咳や消炎の目的で内用した。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?