• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

イヌドクサ(カワラドクサ)

イヌドクサの画像1
生育期

イヌドクサの画像2
胞子嚢穂の画像

項目

内容

1.学名

Exuisetum ramosissimum Desf. var. japonicum Milde

2.科名

トクサ科

3.成長期間

3~10月

4.子嚢穂の時期

 

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

山野、河原、道端などの湿った場所に生える多年草。

7.外観の様子

地下茎:長い地下茎が横に伸び、節々から芽を出して繁殖する。ところどころに丸い塊茎をつける。
地上茎:ざらざらした、縦線が目立つ中空の円柱状で、株元から枝分かれする。トクサよりも細く、枝分かれすることから区別できる。
繁殖:茎の先に、黄褐色の胞子嚢穂(胞子葉が集まったもの)をつける。

8.その他 茎の節々にある黒い鞘状のものは、退化した葉である。
近縁種のトクサ(砥草)はケイ酸を多く含み、茹でて乾燥させた茎で物を磨くことができるが、本種はできない。外見は似るが役に立たないことから、「犬」を冠せられた。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?