• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月10日

ノブドウ

ノブドウの画像
開花・結実期

ノブドウの画像2
結実期

項目 内容

1.学名

Ampelopsis glandulosa (Wall.) Momiyama var. heterophylla (Thunb. ex Murray) Momiyama

2.科名

ブドウ科

3.成長期間

5~11月

4.花期

7~10月

5.食用・薬用・毒性

薬用:茎葉を「蛇葡萄(じゃほとう)」、根を「蛇葡萄根(じゃほとうこん)」と呼び、関節痛などに効果があるといわれる。

6.生育場所

山野や野原、空き地などに多く生える、落葉つる植物。

7.外観の様子

茎:赤味を帯びたつる状で、節々が膨れる。基部は木質化する。
葉:3~5つに裂けるが、深浅は葉によって異なる。互生。長い葉柄をもつ。
花:葉と対生する位置に花枝を出して、枝分かれした先に黄緑色の小さな花を多数つける。
果実:若いうちは黄緑色で、熟すと白色になる。色のついたもの(水色や紫色など)や大きなものは、中に虫の入った虫えい(=虫こぶ。虫や菌類などの寄生によって、植物組織が異常発達したもの)である。
8.その他

果実には毒はないが、不味で食用にならない。
ほとんどの果実にはブドウタマバエなどの幼虫が寄生して、虫えい(虫こぶ)になっている。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?