• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

フキ(フキノトウ)

フキノトウの画像
開花期

フキの画像1
生育中期

項目 内容

1.学名

Petasites japonicus Maxim.

2.科名

キク科

3.成長期間

2~10月

4.花期

3~5月

5.食用・薬用・毒性

食用:主に花茎(フキノトウ)と葉柄が食されるが、葉も食用になる。葉は若いものを選び、念入りにアク抜きをして、フキ味噌や佃煮にする。葉柄は煮物や佃煮のほか、砂糖漬けなどにされる。
薬用:鎮咳、去痰、のどの炎症、健胃(葉を煎じたものを飲用)、虫刺され(生葉の絞り汁を患部に塗布)

6.生育場所

丘陵地、湿潤な平地、道端、野原などいたる場所に生育する多年草。栽培もされる。

7.外観の様子

茎:地下茎をもち、地中で枝を伸ばして殖える。
葉:花後に、長い柄をもつ大型の丸い葉を出す。葉のふちにはまばらな鋸歯(葉縁のぎざぎざ)があり、毛が生える。
花:早春、淡黄緑色の鱗片状の葉に包まれた花茎を伸ばし、先端に頭花(小さな花が多数集まって、一つの大きな花になっているもの)をつける。雌雄異株で、雌花は白色、雄花は黄色。
8.その他 山菜として広く親しまれており、栽培もされている。
葉柄を色付けしてシロップ漬けにしたものが、製菓材料の「アンゼリカ」として流通しているが、本来はセリ科のアンゼリカが原料であり、本種はあくまで代用品である。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?