• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

ハハコグサ(ホウコグサ)

ハハコグサの画像
生育中期

ハハコグサの画像
開花期

ハハコグサの画像
花・そう果の拡大

項目 内容

1.学名

Gnaphalium affine D. Don

2.科名

キク科

3.成長期間

10~6月

4.花期

4~6月

5.食用・薬用・毒性

食用:新芽を茹でたものを七草粥に入れたり、草餅の材料にする。淡泊な味。
薬用:鎮咳、去痰、消炎(開花期の全草)

6.生育場所

道端、田畑、庭、空き地、荒地などいたるところに生育する越年草。

7.外観の様子

茎:根元から数本の茎が枝分かれする。白色の軟らかい毛が生え、白っぽく見える。
葉:細長く、先端は丸みがある葉を互生する。葉質は軟らかい。白色の軟らかい毛が生えるため淡い緑色に見え、ふわふわしている。
花:茎の先に、明るい黄色の頭花(小さな花が多数集まって、大きな一つの花になっているもの)を多数つける。

8.その他 和名のホウコグサは、茎や葉に柔らかな毛が多く、全草が毛羽立つ(ほおけ立つ)様子から名づけられた。
若葉には柔らかい毛が多く、餅につき混むと伸びがよくなるため、昔の草餅には本種を使用していた。また、春の七草では「オギョウ」と呼ばれ、七草粥の材料になる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?