• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

ノイバラ(ノバラ)

ノイバラの画像1
生育中期

ノイバラの画像2
結実期

項目 内容

1.学名

Rosa multiflora Thunb. ex  Murray var. multiflora

2.科名

バラ科

3.成長期間

4~10月

4.花期

6~8月

5.食用・薬用・毒性

薬用:果実を「営実」と呼び、利尿、瀉下薬として利用する。作用が激しいため、多量の使用と、子供に使用することは避ける。

6.生育場所

川辺や林縁などの日当たりのよい場所に生える、落葉性の小型低木。

7.外観の様子

茎:鋭い棘をもち、盛んに枝分かれして、大きく茂る。
葉:羽状複葉を互生する。複葉を構成する小葉の先端は鋭く、ふちには鋸歯(葉縁のぎざぎざ)がある。葉表は無毛で、葉裏には短毛が生える。
花:枝先に円錐形の花序をつくり、5花弁で白色または紅色の花をつける。花は芳香を放つ。
果実(偽果):赤く熟する球形の果実を多数つける。

8.その他 性質が強いため、園芸用のバラを接ぎ木する際の台木として使用される。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?