• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月10日

チガヤ

チガヤの画像
開花期

項目 内容

1.学名

Imperata cylindrica (L.) Beauv.

2.科名

イネ科

3.成長期間

3~9月

4.花期

4~6月

5.食用・薬用・毒性

食用:若い花穂(ツバナ)は噛むと甘みがある。
薬用:根茎は「茅根(ボウコン)」と呼ばれ、むくみ取りや利尿、止血作用がある。

6.生育場所

道端や空き地、山野などいたる場所で普通に見られる多年草。しばしば群生する。

7.外観の様子

茎:硬く、細長い。根茎は長く、地中を横に這って、節々から芽を出して殖える。
葉:細長い葉を出す。
花:細い茎の先に、白色の軟らかい毛が密生した花穂をつける。若い花穂は赤紫色を帯びる。褐色の雄しべと濃紫色の柱頭が目立つ。

8.その他 和名の由来には、群生することから「チ(千)カヤ(茅)」、若い花穂が赤紫色を帯びることから「血茅」という説がある。
神道の神事で用いる茅輪の材料とする他、旺盛な繁殖力を利用して、緑化に用いることがある。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?