• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

ウマノアシガタ(キンポウゲ)

ウマノアシガタの画像1
開花期

ウマノアシガタの画像2
花の拡大

項目 内容

1.学名

Ranunculus japonicus Thunb.

2.科名

キンポウゲ科

3.成長期間

4~9月

4.花期

5~6月

5.食用・薬用・毒性

毒性あり:配糖体ラヌンクリンが含まれており、葉をすり潰すなどすると、プロトアネモニンを生じる。

6.生育場所

道端、水田の畦畔、林縁などに普通に見られる多年草。

7.外観の様子

茎:毛が多く生える。根茎は非常に細かく、下に多数のひげ根を出す。
葉:根出葉(茎が短く、株元から出る葉)は長い柄を持つ。掌のような形に3深裂するが、中央がさらに3つに裂けることがある。一方、茎につく葉は互生し、柄はほとんどなく、細く3つに裂ける。
花:茎先に枝分かれした花茎を伸ばし、艶のある黄色の花をつける。雄しべと雌しべは多数ある。

8.その他 和名は「根出葉が馬の足の形に似ているため」と言われている。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?