• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年12月24日

イタドリ(スカンポ)

イタドリの画像1
生育初期

イタドリの画像2
生育中期

項目 内容

1.学名

Reynoutria japonica Houtt. var. japonica

2.科名

タデ科

3.成長期間

3~10月

4.花期

7~9月

5.食用・薬用・毒性

食用:新芽や軟らかい茎を食べることができる。特に、細い筍のように見える生育初期の茎先は、水気を多く含み、爽やかな酸味があるため、生食に適する(シュウ酸を含むので、過食には注意する)。
薬用:秋~冬の根茎を乾燥させたものを虎杖根(こじょうこん)と呼ぶ。緩下、鎮咳、利尿などの作用があるとされる。

6.生育場所

山野、荒地、道端などに普通に見られる大形の多年草。

7.外観の様子

茎:地下茎は太い木質で、四方に伸びて殖える。中空で太い円柱形をしており、若い茎には紅紫色の斑点が見られる。節には薄い托葉がある。
葉:先端が鋭くとがり、基部が平坦もしくは角ばったハート形の葉を互生する。有柄で、葉質は硬い。
花:枝先や葉のわきから多くの花穂を出し、白色の花を多数つける。雌雄異株。

8.その他

山菜や、山野での水分補給源として古くから親しまれ、日本各地で様々な呼び名がある。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?