• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

キンミズヒキ

キンミズヒキの画像


生育中期

項目 内容

1.学名

Agrimonia pilosa Ledeb. var. japonica (Miq.) Nakai

2.科名

バラ科

3.成長期間

4~10月

4.花期

6~9月

5.食用・薬用・毒性

薬用:開花期の全草を「龍牙草」または「仙鶴草」と呼び、下痢、口内炎、止血などに使用する。

6.生育場所

草地、丘陵地の道端や周辺、原野などに見られる多年草。

7.外観の様子

葉:羽状複葉を互生する。複葉を構成する小葉は、大小不揃いだが先端の小葉は大きく、歯牙状の鋸歯(葉縁のぎざぎざ)がある。托葉にも鋸歯がある。
花:茎先に長い花穂を出し、黄色の花を多数つける。
果実:かぎ状の毛があり、動物や衣服に付着する。
8.その他 花穂の形がタデ科のミズヒキを連想させ、本種は花が黄色(金色)であることから名づけられた。
近縁種のセイヨウキンミズヒキは、ヨーロッパでは「アグリモニー」と呼ばれ、薬用のハーブとして用いられる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?