• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)

カラスノエンドウの画像1
開花期

カラスノエンドウの画像2
花の拡大

カラスノエンドウの画像3
結実期(若い時期)

項目 内容

1.学名

Vicia angustifolia L. var. angustifolia

2.科名

マメ科

3.成長期間

10~9月

4.花期

4~6月

5.食用・薬用・毒性

食用:若く軟らかい茎葉やごく若い豆果を採取し、炒め物やてんぷら、卵とじなどにする。成長した葉や種子の大きい豆果は、かたい筋が多く不味である。

6.生育場所

畑地、道端、空き地、畦畔などの日当たりのよい場所に生える越年草。

7.外観の様子

茎:四角柱。根元で枝分かれして群がりながら伸びる。
葉:先端が巻きひげになる羽状複葉を互生する。小葉(複葉を構成している葉)は先端が少しくぼむ。
花:濃い紅紫色~白色の蝶形の花を咲かせる。
果実:細長い豆のような形をしており、10個程の種子が入っている。さやは熟すと黒色になる。
8.その他 カラスノエンドウの由来には、「熟した豆果が黒くなるから」、「野菜のエンドウに似るが、人は通常食用としないから」、「近縁種のスズメノエンドウより大型だから」などの説がある。
別名のヤハズエンドウは「葉先がくぼんだ形が、矢筈(やはず)に似ていることから」とされる。
葉のつけ根にある托葉には蜜腺があり、しばしばアリが訪れているのを観察できる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?