• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

オオイヌタデ

オオイヌタデの画像1
開花期

オオイヌタデの画像2
花(白花と淡紅色)の拡大

項目 内容

1.学名

Persicaria lapathifolia (L.) S. F. Gray subsp. nodosa

2.科名

タデ科

3.成長期間

4~11月

4.花期

6~10月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

空き地、湿地、川のふちの土手、畑地の周りなどいたるところに普通に見られる、大型の1年草。

7.外観の様子

茎:太くよく枝分かれして、節はふくれて丸く、赤みを帯びる。暗紫色の細かい点が多い。
葉:先が鋭くとがった細長い葉を互生する。側脈が目立つ。
花:茎先に花穂を出し、淡紅色~白色の小さな花を多数つける。穂の先端は垂れ下がる。

8.その他 和名は「大型のイヌタデ」の意味。イヌタデは本種の近縁種で、食用のタデに似るが、葉に辛味がなく役に立たないことから名づけられた。
タデ類の中では大型で、茎も葉もイヌタデよりはるかに大きく、しばしば群生するのでよく目立つ。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?