• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

セイヨウタンポポ

 

セイヨウタンポポの画像
開花期

 

項目 内容

1.学名

Taraxacus officinale Weber

2.科名

キク科

3.成長期間

11~6月

4.花期

通常は春だが、10~11月にも咲く。

5.食用・薬用・毒性

食用:乾燥した根を煎じて煮出したものを、お茶やコーヒー様飲料にする。花や軟らかい葉は、サラダや酢の物、てんぷらなどにする。
薬用:根や開花前の全草を「蒲公英(ほこうえい)」を呼び、利尿、健胃、強壮、解熱、催乳などの目的で使用する。

6.生育場所

ヨーロッパ原産の多年草。道端、空き地、庭などあらゆる場所に普通に見られる。

7.外観の様子

根:太い根を地中深くまで伸ばす。
葉:ふちが羽状に切れ込んだ葉をロゼット状につける。
花:軟らかい中空の花茎を伸ばし、茎先に黄色い頭花を一つつける。
果実:褐色の平たい紡錘形で、先端に白い冠毛がある。 

8.その他 在来種のカントウタンポポに似ているが、本種は総苞片が反り返っていることが特徴である。野外で見られるタンポポは、本種であることが多い。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?