• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

イヌホオズキ

イヌホオズキの画像1
生育初期

イヌホオズキの画像2
開花期

イヌホオズキの画像3
開花・結実(未熟)期

項目 内容

1.学名

Solanum nigrum L.

2.科名

ナス科

3.成長期間

4~10月

4.花期

8~9月

5.食用・薬用・毒性

薬用:開花期の全草を干したものを龍葵(りゅうき)と呼ぶ。
毒性あり:全草にソラニンを含み、食べると嘔吐、下痢、呼吸麻痺を起こす。果実にはアセチルコリン様物質を含む。

6.生育場所

道端、空き地、耕地などに普通に見られる1年草。

7.外観の様子

茎:紫褐色を帯びるものもある。
葉:長い葉柄をもち、先端のとがった葉を互生する。波状の鋸歯(葉縁のぎざぎざ)があるか、全縁(鋸歯がない)。
花:数個の白色の花を開く。花冠が広く開いて5つに裂けているので、花弁が5個あるように見える。
果実:丸く液質で、熟すと黒色になる。
8.その他 和名は、草姿がホオズキに似ているが有毒で、役に立たないことから。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?