• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

カラスムギ

カラスムギの画像1
開花期

カラスムギの画像2
花(蕾)の拡大

項目 内容

1.学名

Avena fatua L.

2.科名

イネ科

3.成長期間

9~10月

4.花期

5~6月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

ヨーロッパ、西部アジア、北アフリカ原産の1年または越年草。牧草として栽培されたものが野生化している。道端、空き地、牧草地や耕地の周辺に見られる。

7.外観の様子

茎:中空で円柱形の茎を直立する。
葉:細長い葉を互生する。長い葉鞘(葉の基部が鞘状に茎をつつんでいるもの)をもつ。
花:穂がまばらについた円錐形の花序を出す。小穂には長い芒があり、茎にばらばらの向きにつく。

8.その他

和名は「役に立たない(有用な種に似ているが役に立たないものに「カラス」をつけることが多い)麦」という意味だが、食べられる。
近縁種のマカラスムギは、エンバク、オーツ麦と呼ばれ、食用や家畜の飼料用に栽培されている。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?