• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月10日

イチビ

イチビの画像1
生育初期

イチビの画像2
生育中期

イチビの画像3
花とさく果(未熟)の拡大

項目 内容

1.学名

Abutilon theophrasti Medik.

2.科名

アオイ科

3.成長期間

4~10月

4.花期

7~9月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

熱帯アジア原産の1年草。空き地や畑地に野生化している。

7.外観の様子

葉:先端が鋭いハート形の葉を互生する。ふちには鋸歯(葉縁のぎざぎざ)がある。白色の短い毛が生える。
花:小さな黄色の花を1~数個つける。花弁は5個で、雄しべが多数ある。
さく果:半球形で、表面には毛がある。熟すと黒色になる。
8.その他 かつて、茎から繊維をとる繊維作物として日本に輸入された。現在は栽培されておらず、野生化している。
繁殖力が旺盛で、畑では害草扱いされる。全草に特有の匂いがあるため、牧草地でも嫌われる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?