• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月10日

メヒシバ

メヒシバの画像
開花期(背景は水田)

項目 内容

1.学名

Digitaria ciliaris  (Retz.) Koeler

2.科名

イネ科

3.成長期間

5~11月

4.花期

7~10月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

日当たりの良い道ばたや畑地、空き地などで普通に見られる1年草。

7.外観の様子

茎:下部は這いながら枝分かれして、節々から根を出す。その後、立ち上がって伸びる。
葉:細長い。ごく細かい鋸歯(葉縁のぎざぎざ)があるため、触ると少しざらつく。葉質は薄く、軟らかい。葉鞘(鞘状に茎を包んでいる葉の基部)に毛が生える。
花:茎の先に、傘状に枝分かれする淡い黄緑色の花穂を出し、小穂をつける。花穂はオヒシバより細い。
8.その他

和名は「雌日芝」で、草姿の似ているオヒシバより、全体的に細く、はかなげに見えるため。
一見弱々しく見えるが、庭や畑で繁茂して引き抜きにくいため、厄介者扱いされている。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?