• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

ケアリタソウ

ケアリタソウの画像
生育中期

項目 内容

1.学名

Chenopodium ambrosioides L.

2.科名

アカザ科

3.成長期間

4~11月

4.花期

7~10月

5.食用・薬用・毒性

薬用:駆虫(十二指腸虫などの寄生虫)
毒性あり:家畜には有毒である。

6.生育場所

アメリカ大陸原産の帰化植物。都会地周辺の空き地、荒地、道端などに普通に生育する1年草。

7.外観の様子

全体に強い香りがある。
葉:ふちに不揃いな鋸歯をもつ、先のとがった葉を互生する。茎葉には白い毛がある。
花:茎の先や葉のわきに細い花穂を出し、緑色の小さな花を固まってつける。

8.その他

和名は、近縁種のアリタソウに似て、全草に毛が生えていることから。アリタソウは、かつて滋賀県の有田で栽培されていたことからの命名。
ヨーロッパでは、本種の近縁種が「エパソーテ」と呼ばれ、食用のハーブとして扱われる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?