• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年12月24日

オモダカ(ハナグワイ)

オモダカの画像
開花(雄花)・結実期(中央の株は水稲)

項目 内容

1.学名

Sagittaria trifolia L. var. trifolia

2.科名

オモダカ科

3.成長期間

6~10月

4.花期

8~9月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

水田や溝などの湿った場所に生える多年草。

7.外観の様子

茎と根:ひげ根が多い。根茎の先端に塊根をつけ、殖える。
葉:出始めの若い葉は線形で、成長すると大型の矢じり形になる。多肉質でとても長い柄をもつ。
花:花茎を出し、花序の下部に雌花、上部に雄花をつける。雌花の中心部には淡い緑色の雌しべが多数密集し、雄花は黄色い雄しべがある。雌雄ともに、白色の3花弁である。
果実:黄緑色の小さな果実が多数集まって、平たい球形になっている。

8.その他

和名は「面高」で、葉の形を人の顔に見立てたものとされる。
食用の「クワイ」は本種の変種である。また、近縁種のサジオモダカは、根茎を「沢瀉(タクシャ)」と呼び薬用にする。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?