• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年3月7日

アキノエノコログサ

アキノエノコログサの画像1
開花・結実期

アキノエノコログサの画像2
花(果)穂の拡大

項目 内容

1.学名

Setaria faberi Herrm.

2.科名

イネ科

3.成長期間

5~11月

4.花期

8~10月

5.食用・薬用・毒性

食用:アワの原種であるエノコログサと同様、果実を食べることが可能である。

6.生育場所

畑の周り、荒地、空き地、道端などに広く生育する1年草。

7.外観の様子

葉:先のとがった細長い葉を互生する。エノコログサは無毛だが、本種は有毛である。
花と果実:花穂はエノコログサに酷似するが、本種はより大型で、熟すと穂が垂れる。また、エノコログサより遅い時期に穂を出す。

8.その他

和名は、草姿がエノコログサに似て、秋(エノコログサの開花期は夏)に花穂をだすことから。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?