• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > ようこそ知事室へ > 知事のホームページ - 知事の発言集 - 県議会の議案説明要旨 > 議案説明要旨(平成31年第1回県議会定例会) - 平成31年2月20日 - 7.「安全・安心と豊かな里山里海に包まれる環境づくり」について

ここから本文です。

更新日:2019年2月28日

議案説明要旨(平成31年第1回県議会定例会) - 平成31年2月20日 - 7.「安全・安心と豊かな里山里海に包まれる環境づくり」について

主な施策の概要について

7. 「安全・安心と豊かな里山里海に包まれる環境づくり」について

  第七は、「安全・安心と豊かな里山里海に包まれる環境づくり」についてであります。

河川の堆積土砂の除去につきましては、抜本的な河川改修が膨大な時間と費用を要する一方で、短期間で河川の流下能力を高める即効性のある事業であることから、これを単なる河川の「維持管理」ではなく、「災害予防対策」として治水対策に位置づけ、国庫補助の対象とするよう、機会あるごとに国に強く働きかけてまいりました。

  こうした中、国の今回の補正予算及び来年度予算案では、近年、激甚化する自然災害を踏まえた緊急対策として、河川や砂防堰堤の堆積土砂の除去を含む、防災・減災対策の強化が盛り込まれたところであり、本予算を最大限に活用し、災害の未然防止対策に万全を期してまいります。

  地域防災力の向上につきましては、自主防災組織のリーダーとなる防災士を、昨年度から五年間で倍増させる目標の達成に向けて、育成に取り組んでおり、順調に進捗しているところであります。来年度からは、近年、頻発する大規模災害にも的確に対応できるよう、実際の災害を想定した避難所運営の演習や、女性に配慮した避難所の運営方法など、より実践的な研修を実施し、防災士活動のさらなる質の向上を図ってまいります。

  県立学校における暑さ対策につきましては、現在、特別支援学校と金沢錦丘中学校において、本年夏の供用を目指し、冷房設備の整備を進めているところであります。加えて、高等学校についても、未整備のすべての普通教室に冷房設備を整備することとし、来年夏までの工事完了を目指してまいります。

  県立中央病院の駐車場につきましては、来院者用駐車場の整備を先行して進め、本年六月頃、供用を開始する見通しとなっております。その後、職員用駐車場の整備にとりかかるとともに、ソメイヨシノやノトキリシマツツジ、アメリカフウなどを植栽し、病院を利用される皆様が、春の訪れや秋の深まりといった季節の移り変わりを実感し、心身ともに療養できる良好な環境を整えてまいります。

  老朽化、狭隘化が進んでいる県立高松病院の管理診療棟につきましては、建設工事に着手することとし、認知症や発達障害など様々な患者の状況に対応した受診環境の向上と、認知症医療の中核病院にふさわしい研修環境の充実を図ってまいります。

  地球温暖化の防止につきましては、省エネ・節電アクションプランの実践等により、温室効果ガスの排出抑制に取り組む家庭数が、二〇二〇年度には、五年前倒しで、目標の八万家庭に達する見通しであります。このため、二〇二五年度の目標を、現在の取り組み家庭数の二倍となる十二万家庭に引き上げるとともに、スマートフォンを活用して、日々の省エネ・節電活動の効果を「見える化」するなど、さらなる裾野の拡大と取り組みの深化を図ってまいります。

  治安対策の強化につきましては、老朽化の著しい七尾警察署の建て替えに着手することといたしました。

  本県における昨年の交通事故の死者数は、過去最少の二十八人となり、負傷者数についても十三年連続で減少し、いずれも第十次石川県交通安全計画に掲げる目標を達成いたしました。一方で、交通事故死者数に占める高齢者の割合が高い傾向が続いていることから、高齢者の交通事故防止を最重点課題に位置づけ、引き続き、総合的・効果的な対策を講じてまいります。

以上

●目次に戻る   ●前へ戻る    ●次へ進む

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?