• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2022年11月29日

イネ 墨黒穂病

軽度な症状の画像
(画像1)軽度な症状

糠層下の厚壁胞子の画像
(画像3)糠層下の厚壁胞子

病原菌の厚壁胞子の画像
(画像2)病原菌の厚壁胞子

項目

内容

1.宿主名

イネ

2.宿主科名

イネ科

3.病名

墨黒穂病

4.病原

Tilletia barclayana(ティレティア・バークレイアーナ)

5.診断

イネ墨黒穂病は内外頴の間から黒色の舌状突起物を生ずるものである。これは糠層下に形成された硬壁胞子の塊であり、形成当初は粘性をもつため、旺盛に形成されるとはじけて突起物となり籾の外に現れる。しかし、軽度な症状では、厚壁胞子は糠層下に留まり、舌状突起は生じない。
厚壁胞子は、形成が少ないと、舌状突起物として弾けずに、糠層の下に留まっており、外見的には一部分が黒色の玄米になる。
黒色の部分にセロハンテープをあてて、糠層を剥ぎ取ると、夥しい黒色小粒が現れる。

6.診断のコツ

黒色小粒をセロハンテープで移し取り、光学顕微鏡で観察すると、墨黒穂病の黒褐色の厚壁胞子を確認できる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?