• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館中期経営目標(平成30年度~令和4年度)

ここから本文です。

更新日:2021年3月12日

中宮展示館中期経営目標(平成30年度~令和4年度)

中宮展示館では、「石川県行政財政大綱2011」に基づき、平成27年度~平成29年度の3か年度に引き続き、平成30年度~令和4年度の5か年度を期間とする中期経営目標と、それを達成するための取組みを定めました。その取組状況については、毎年度報告します。

平成24年度~平成26年度の3か年度を期間とする中期経営目標と、それを達成するための取組みについてはこちら。

中期経営目標(平成30年度~令和4年度)

  • 利用者数を5年間で5%増加させます。
  • 施設利用者及びプログラム参加者からのアンケートによる満足度は、引き続き95%以上を維持します 。
  • 利用者1人あたりの一般財源投入額を5年間で5%削減します。

目標に向けた主な取組内容(平成30年度~令和4年度)

施設の利用促進に向けた取り組み

  • 四季を通して白山麓の自然などを体験する「楽しもう!白山麓days」を開催し、さらなる利用者拡大を図ります。
  • ホームページだけでなく、平成29年度に開設したツイッターも活用し、中宮展示館周辺の自然情報やイベント案内などの情報を発信し、中宮展示館の魅力発信に努めます。
  • 学校関係者や児童などの利用者拡大を図るため、白山ろく少年自然の家との連携を強化するとともに、教育委員会等に働きかけ、県内の小中学校に対する広報活動に取り組みます。
  • 近隣観光施設との相乗効果を発揮するため、白山市や中宮温泉、一里野温泉、白山白川郷ホワイトロード(石川県林業公社)などとの連携を強化し、積極的に誘客に努めます。

サービス(満足度)向上に向けた取り組み

  • 館内での展示活動については、今後も引き続き入館者からアンケートを実施し、その意見を踏まえ、接遇マナーの向上や施設利用の利便性向上に取り組みます。
  • 自然観察会やガイドウォークについては、その魅力をより高め、参加者の増加を図るため、アンケートにより参加者のニーズを把握し、内容の充実に努めます。また、引き続き、ガイドボランティア研修会などを通じて、職員やガイドボランティアの資質の向上に努めます。
  • 環境省が設置するWi-Fiフリースペースを活用し、来館者の利便性向上を図ります。 

施設運営の効率化に向けた取り組み

  • 展示用電球のLED化を順次進めるなど、管理費用の節減に努めます。
  • 民間団体等との連携を進め、自然観察会及びガイドウォークの 実施回数や質の維持向上 、効率的な実施に努めます。

ダウンロード

白山自然保護センター中宮展示館中期経営目標(平成30年度~令和4年度)(PDF:291KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?