• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年9月27日

遺伝子組換え食品について

遺伝子組換え食品とは?

品の高品質化や生産性の向上等を目的に、「遺伝子組換え技術」を用いて開発された食品(品種)で、具体的には日持ちを良くしたトマトや、除草剤の影響をうけないナタネや大豆等があります。
遺伝子組換え技術」とは、食品として用いられている植物等の性質を人間にとってより有用なものに変えるために、生物から有用な性質を付与する遺伝子を取り出し、目的とする植物等に組み込むといった技術をいいます。(詳しいことをお知りになりたい方は 農林水産省のホームページ(外部リンク) をご覧ください。)

遺伝子組換え食品の安全性

伝子組換え食品については、平成3年12月に厚生労働省が策定した「組換えDNA技術応用食品・食品添加物の安全性評価指針」に基づき、厚生労働省の食品衛生調査会による任意の審査を経て、日本で流通が認められてきましたが、平成12年5月1日に「組換えDNA技術応用食品及び添加物の規格基準」が告示され、平成13年4月1日から適用されることになりました。
た、規格基準の告示に併せて、安全性審査の手続き及び製造基準がそれぞれ告示され、安全性の審査が法的に義務付けられました。
生労働省では「遺伝子組換え食品Q&A」を作成し、消費者の方々の様々な疑問に対して答えています。(詳しいことをお知りになりたい方は厚生労働省の「遺伝子組換え食品ホームページ」(外部リンク)をご覧ください。)

これまでに安全性評価の確認を行った遺伝子組換え食品

食品では大豆、なたね、じゃがいも、とうもろこし、わた、てんさい、アルファルファ、パパイヤの8作物、計280品種、食品添加物として16品目があります。(PDF)(外部リンク)(平成25年9月5日現在)

遺伝子組換え食品の表示について

林水産省では、JAS法の品質表示により、遺伝子組換え食品の表示を義務化し、平成13年4月から適用することとしています。食品衛生法に基づく表示についても同じく平成13年4月から義務付けられています。(農林水産省のホームページ(外部リンク)

相談窓口はこちら

担当部署 電話番号
健康福祉部薬事衛生課 076-225-1443
南加賀保健福祉センター食品保健課 0761-22-0794
石川中央保健福祉センター食品保健課 076-275-2253
能登中部保健福祉センター食品保健課 0767-53-2482
能登北部保健福祉センター食品保健課 0768-22-2011

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部薬事衛生課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1441

ファクス番号:076-225-1444

Email:seieika2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?