• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

新型コロナウイルス感染症について

石川県の感染状況等に関するモニタリング指標については以下のリンク先を参照ください。

石川県の感染状況等に関するモニタリング指標 

 

県内の発生状況については以下のリンク先を参照ください。

新型コロナウイルス感染症の県内の患者発生状況

健康福祉部長記者会見:新型コロナウイルス感染症について

 

新型コロナウイルス感染症対策本部会議の開催状況については以下のリンク先を参照ください。

新型コロナウイルス感染症対策本部会議の開催状況について

 県民のみなさまへ

県民の皆様へのお願い
  • 「新しい生活様式」の定着 : 「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策の継続
  • 都道府県をまたぐ移動の自粛 : 帰省や旅行など、都道府県をまたいだ不要不急の移動を可能な限り控えること
  • これまでにクラスターが発生しているような施設や「三つの密」のある場への外出を避けること
  • 発熱等の風邪の症状がある場合は出勤等も含め、外出を控えるとともに、病院への通院などやむを得ず外出する場合には、マスクの着用など感染防止策を徹底すること
  • 感染者の方やその家族に対する差別や偏見につながる行動は厳に慎むこと 

新型コロナウイルスの集団発生防止にご協力をお願いします

集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることは避けましょう。

啓発資料(厚生労働省)

啓発資料(石川県)

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(厚生労働省)

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染予防に関することなど

石川県感染拡大防止県民相談センター

 076-225-1921  受付時間:9時~18時(土日・祝日も実施)

 ※聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、ファックスをご利用ください。

   ファックス番号はこちら

 

厚生労働省においても、電話相談窓口を設置しています。

 0120-565653(フリーダイヤル) 9時~21時(土日・祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

〇発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

〇発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

〇基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

2.帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。

 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 ・ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

<妊婦の方へ>

〇妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

<お子様をお持ちの方へ>

〇小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

 

※なお、この目安は、県民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

 「帰国者・接触者相談センター」でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

3.医療機関にかかるときのお願い

〇複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 帰国者・接触者相談センター連絡先

施設名 管轄地域 電話番号 ファックス番号 受付時間
南加賀保健福祉センター 加賀市、小松市、能美市、川北町 0761-22-0796 0761-22-0805 土日・祝日も含め24時間対応
石川中央保健福祉センター 白山市、野々市市、かほく市、津幡町、内灘町 076-275-2250 076-275-2257 土日・祝日も含め24時間対応
能登中部保健福祉センター 羽咋市、七尾市、中能登町、宝達志水町、志賀町 0767-53-2482 0767-53-2484 土日・祝日も含め24時間対応
能登北部保健福祉センター 輪島市、珠洲市、穴水町、能登町 0768-22-2011 0768-22-5550 土日・祝日も含め24時間対応
金沢市保健所 金沢市 076-234-5106 076-234-5104 土日・祝日も含め24時間対応
石川県健康福祉部健康推進課   076-225-1670 076-225-1444 土日・祝日も含め24時間対応

(注)ファックスの受付については17時までにさせていただき、17時以降のファックスについては、翌日の回答になります。

感染拡大を予防する新しい生活様式について

国の新型コロナウイルス感染症対策専門会議において、長丁場に備え、感染拡大を予防する新しい生活様式に移行していく必要があると指摘がありました。

新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策を、これまで以上に取り入れた生活様式を実践していく必要があります。これは、従来の生活では考慮しなかったような場においても感染予防のために行うものとなります。

新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を拡げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要です。お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながるものと考えます。

具体的にはこちら(国作成)をご参照ください。

 医療機関のみなさまへ

令和2年2月1日より、新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定されました。

感染が疑われる患者を診察された場合には、院内での感染対策を徹底のうえ、速やかに管轄地域の「帰国者・接触者相談センター」へご連絡いただけますようお願いいたします。 

届出基準と届出様式、診療の手引き

 医療機関のみなさまへのお知らせ(国からの通知を掲載)

関連リンク

県関係

国関係

その他

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課感染症対策室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1438

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?