緊急情報

閉じる

現在、情報はありません。

ホーム > 医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について

印刷

更新日:2024年5月10日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

a(PDF:377KB)

  • 新型コロナウイルス感染症については、通常の医療体制への移行期間を終了し、令和6年4月からは、通常の医療提供体制に移行します。
  • なお、医療費の公費負担は、令和6年3月31日をもって終了し、令和6年4月1日以降は、他の疾病と同様に、医療保険の割合に応じた通常の自己負担となります。※治療薬の費用についてはこちら(PDF:358KB)

目次

  1   基本的な感染対策・日ごろからの備え
  2   発熱などの症状がある方へ
  3   感染された方・感染者と接触のあった方へ
  4   治療薬や入院等の費用について(医療費の公費負担)
  5   新型コロナワクチンについて
  6   罹患後症状(後遺症)について
  7   検査について
  8   県内の感染状況について
  9   医療機関のみなさまへ
  10 関連リンク

1  基本的な感染対策・日ごろからの備え

<基本的感染対策> 

1(PDF:432KB)

 

<マスクの着用>  

2(PDF:394KB)

マスクをつけられない方へのご理解をお願いします

 

<日ごろからの備え>

3(PDF:498KB)

2  発熱などの症状がある方へ

  発熱・せきなどの症状が重く、医療機関を受診したい場合は、かかりつけ医など、身近な医療機関に電話の上、受診してください。

a(PDF:196KB)

相談窓口等について

3  感染された方・感染者と接触のあった方へ

4  治療薬や入院等の費用について(医療費の公費負担)

5  新型コロナワクチンについて

新型コロナワクチンの全額公費による接種は、令和6年3月31日で終了しました。

令和6年4月1日以降、65歳以上の方及び60歳から64歳で対象となる方(※)には、新型コロナの重症化予防を目的として秋冬に自治体による定期接種が行われ、費用は原則有料となります(接種を受ける努力義務や自治体からの接種推奨の規定はありません。)

令和6年4月1日以降に定期接種以外で接種を希望される方には、任意接種として、自費で接種を受けていただくことになります。

(※)60~64歳で心臓、腎臓又は呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

 

6  罹患後症状(後遺症)について

7  検査について

(1) 高齢者施設等従事者の検査事業について

(2) 入所施設における新型コロナウイルス感染症発生時に係る検査支援事業について

8  県内の感染状況について

(1) 県内の患者発生状況

(2) 変異株患者等の発生状況

9  医療機関のみなさまへ

(1) コロナ後遺症の診療を行う医療機関としてご協力いただけませんか

(2) 新型コロナウイルス感染症の中和抗体薬・経口薬の処方について

10   関連リンク

(1) 厚生労働省(外部リンク)

(2) 内閣感染症危機管理統括庁(外部リンク)(外部リンク)

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課感染症対策室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1438

ファクス番号:076-225-1444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報はお役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

同じ分類から探す