• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2022年9月20日

新型コロナウイルス感染症に感染された方へ

(9/7~)療養期間や外出自粛の取扱いが見直されました

ポイント1 療養期間の変更

◯症状がある方

一部の方(※1)を除き、療養期間が10日間→7日間に短縮

※1 入院患者、高齢者施設入所者は、従来どおり10日間の療養

 

◯症状がない方(療養期間中に、一度も症状が出ていない方)

発症日の翌日から5日目の抗原検査を条件(※2)に、療養期間が7日間→5日間に短縮

※2 検査をしない方は、従来どおり7日間の療養

※療養期間(有症状、無症状)の変更は、これまでに感染が確認された方も対象です。

ポイント2 療養期間中の外出自粛の取扱いの変更

有症状の場合で症状軽快から24時間経過後、又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど、自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことが可能になりました。

<療養期間>

①症状がある方(入院患者、高齢者施設入所者を除く)

・発症日(0日目)から7日間経過し、かつ、症状軽快後、24時間以上経過した日まで

療養期間の早見表はこちら(PDF:53KB)

※「症状軽快」とは、解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状(咳や息苦しさなど)が改善傾向にあることです。

※症状が軽快しなかった場合は、療養期間が延長され、軽快後、24時間後に終了となります。

※ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

 

②症状がある方(入院患者、高齢者施設入所者)

・発症日(0日目)から10日間経過し、かつ、症状軽快後、72時間以上経過した日まで

療養期間の早見表はこちら(PDF:52KB)

※「症状の軽快」とは、解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状(咳や息苦しさなど)が改善傾向にあることです。

※症状が軽快しなかった場合は、療養期間が延長され、軽快後、72時間後に終了となります。

    

③症状がない方(療養期間中に、一度も症状が出ていない方)

・検体を採取した日(0日目)から7日間経過した日まで

療養期間の早見表はこちら(PDF:51KB)

・加えて、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能です。

※検査キットは、各自で薬局等から購入した「体外診断用」、もしくは、インターネットで購入した「第1類医薬品」(一般用)を用いてください。(「研究用」での療養期間の短縮はできません。)

療養期間の早見表はこちら(PDF:51KB)

※ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

    

④当初症状はなかったが、療養途中で発症した方

・発症日(0日目)とし、①、②のいずれか該当する方に準じてください。

 

【留意事項】

同一家庭内で連続して感染者が発生した場合であっても、原則、感染者の療養期間は変わりません。

(例) 2人家族の場合

1人目が9/1に発症・感染確認 → 療養期間は、9/8まで 
2人目が9/3に発症・感染確認 → 2人目の療養期間は、9/10まで、1人目の療養期間は、9/8までで変わらず

療養(JPG:216KB)

1 感染者と診断されたら

  • 保健所から感染者本人にご連絡いたします。 初回のご連絡に1~2日程度時間をいただく場合があります。不要な外出は避け、自宅などで健康状態に気を付けながら待機してください。 
    初回のご連絡がショートメッセージ(SMS)のみの場合がございます。あらかじめご了承ください。
  •  保健所から連絡があるまでの間に、体調が悪化した場合は、かかりつけ医、もしくは保健所まで電話でご相談ください。
  • 同居のご家族等は、原則、濃厚接触者となります。
  • 同居のご家族等が外出している場合(出勤中、登校中など)は、自宅にお戻りいただくとともに、外出をしないようお伝えください。
  • 感染された方から、一緒に食事をした友人など、感染のリスクがある方に連絡いただきますようお願いします。

  (参考)

2 療養場所について

  • 感染者の症状に応じて入院、宿泊療養施設又は自宅で療養していただきます。療養先は保健所が調整します。
  • 宿泊療養を希望される場合は、保健所にご相談ください。 

3 毎日の健康観察について

  • 毎日、保健所が感染された方の健康状態の確認を行います。
  • 患者情報等患者把握・管理支援システム(My HER-SYS)、もしくは、自動架電等を利用します。

 My HER-SYSを使うことができる方 → My HER-SYSに健康状態を入力いただき、保健所がその内容を確認します。

 My HER-SYSの使い方はこちら 

My HER-SYSを使うことができない方 → 保健所からのお電話で健康状態を確認します。 (自動架電を使う場合があります)

  (参考) 

自宅療養のしおり(PDF:3,248KB) 

自宅療養中の家庭内での感染予防のポイント(PDF:658KB)

4 療養が終了したら

  • 療養解除は、医療関係者による健康状態の確認を経て行われますので、解除された後に職場等で勤務を開始するに当たり、陰性証明等を提出する必要はありません。(療養期間が延長される場合は、別途保健所から連絡いたします。

  • 事業者のみなさまにおかれましては、医療現場に負荷がかからないよう、従業員に対し、陰性証明発行を目的とした医療機関の受診勧奨を行うことをお控えいただくよう、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
  • 療養証明書が必要な方はこちらをご確認ください。

  (参考)

5 療養が終了した後の生活について

  • 退院、療養終了時点では、他の人への感染性はないと考えられますが、ごく稀に再度症状が現れる方が確認されています。そのため、退院、療養終了後4週間は以下の点に留意いただきますようお願いします。

・ マスクの着用、手指消毒の実施等、一般的な感染対策の徹底を継続してください。

・毎日の検温等、健康状態の確認をしてください。

・咳や発熱などの症状が再度出てきた場合は速やかに医療機関を受診してください 。

※医療機関への連絡時には、①新型コロナウイルス感染症で療養していたこと、②療養期間を終了していることを伝えてください・。

6 保健所の連絡先

お住まいの市町名

管轄する保健所

電話番号

金沢市 金沢市保健所 076-234-5102
小松市、加賀市、能美市、川北町 南加賀保健所 0761-22-0796
かほく市、白山市、野々市市、津幡町、内灘町 石川中央保健所 076-275-2250
七尾市、羽咋市、志賀町、宝達志水町、中能登町 能登中部保健所 0767-53-2482
輪島市、珠洲市、穴水町、能登町 能登北部保健所 0768-22-2012 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1438

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?