• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

知事の発言集 - 知事の窓 - 2017年秋季号

期待の“新米”がデビュー  皆様の「うまい!」を全国へ

  

   石川県では心配された天候不順や台風の被害も少なく、待望の実りの秋を迎えました。スーパーの店先にも新鮮な地物の農産物が並び、食欲の秋もいよいよ本番。特に、湯気の立った熱々の新米を、ふーふーしながらかみしめると、もちっとした食感に続いて甘みが口中に広がり、なんとも幸せな気分になります。

   今年の秋は、県が9年かけて開発した新品種「ひゃくまん穀」が本格デビューし、その評価も気になるところです。早速、おにぎりで試食しましたが、時間がたってもご飯が硬くならず、もちもちとした強い粘りもあって、「これならいける!」と自信が持てました。

   食の多様化が進み、お米の消費量は年々減る一方、コンビニなどで販売されるおにぎりや弁当は堅調と聞いています。私も県議会の答弁の準備や予算編成などで帰宅が遅くなるときは、コンビニのおにぎりで空腹を満たすのがおきまりです。忙しいなかで手軽に食べられるからですが、冷めたご飯がもっとおいしければとひそかに思っていました。

   実は「ひゃくまん穀」は、こんなニーズにも対応するもので、炊きたてはもちろん、時間がたってもおいしさが変わらず、おにぎりや弁当などの中食や外食にぴったりです。農家にとっても、「ひゃくまん穀」は刈り取り時期がコシヒカリより遅いため、これまで短期間に集中していた農作業を分散することができます。また、面積あたりの収量がコシヒカリより多いことも、魅力となるでしょう。

   「ひゃくまん穀」の販路開拓はいよいよこれから。ちなみに県が送り出した「ルビーロマン」は、今や海外でも高級ブドウとして認識されはじめてきましたし、同じくこの夏デビューした新品種のナシ「加賀しずく」も好評です。全国ブランドとして羽ばたくための一番の応援団は、消費者である県民の皆様です。ご賞味いただき、「おいしいね!」との発信も、ぜひお願いします。

 

知事の窓一覧へ戻る

 

 

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?