• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2016年3月31日

知事の発言集 - 知事の窓 - 2016年春季号

変わった驚きの10年 変わらぬ喜びの10年

 

  石川の進むべき方向性を示す羅針盤となる新たな長期構想が、4月からスタートします。構想では今後10年間のビジョンを描いていますが、「十年一昔(ひとむかし)」の言葉があるように、時代を見通すのはなかなか難しいもの。この10年を振り返っても、あらためてその感を強くします。

  例えば、10年前、入港する船が少なく、釣り客で賑(にぎ)わう光景から「釣り堀」と陰口された金沢港。今では全国に100ほどある同じような規模の港の中で、貨物の取扱高が第2位に躍進し、港周辺にはコマツをはじめ企業の集積が進む変わりようです。

  さらに、豪華な船旅を楽しむクルーズ船が急増しています。今年は30本が予定され、前年に比べて11本の増加。このうち金沢が発着港となるものが22本にも上り、今や国際観光拠点港としての顔も加わっています。

  10年前、この変化を誰が想像できたでしょうか。特に、クルーズ船の金沢人気は私も想定外でした。その理由を聞くと、首都圏とのアクセスが格段に良くなった北陸新幹線だとか。「石川の伝統や文化、豊かな食や自然は、とても魅力的だけど遠くて行きづらい」との心理が一気に解消され、近くなった石川での観光とクルーズをセットで楽しむスタイルが脚光を浴びています。

  ところで、この10年、変わらない喜びもあります。私事で恐縮ですが、実年齢より25歳若い体内年齢の維持です。体内年齢は筋肉量が多く、基礎代謝が高いほど若いそうで、足かけ16年になる朝のウオーキングと、お昼の弁当も含めて妻が気を遣ってくれる食事のおかげ。感謝の気持ちで毎日、体重計に乗り、体内年齢を確かめるのが日課になっています。

  10年後の石川をさらに輝かせるカギは、やはり新幹線! 観光はもとより本県の魅力である質の高い文化や産業、教育の集積、移住・定住などあらゆる面で、新幹線が明るい話題と活力を運んでくるよう、皆さんとともに知恵を働かせたいと思います。

  

知事の窓一覧へ戻る

 

 

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?