• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年4月2日

知事の発言集 - 知事の窓 - 1997年秋季号

ニワトリが先?卵が先?

ペットボトルのリサイクルが今年四月から本格化しましたが、県民の皆さんからは「回収の際、キャップやシールを取ったり、透明と色つきのものを分別するなど手間がかかり過ぎる。容器の統一をメーカーに指導できないのか」との声をよく聞きます。これに対して、メーカー側は、「多種多様な容器は消費者ニーズの反映」と言います。

この問題には、「ニワトリが先か、卵が先か」に似たところがあると思います。つまり、リサイクルに都合の悪いペットボトルの氾濫は、メーカーが外見で消費者の購買意欲を刺激する結果なのか、それとも消費者がそういう商品を求めているためなのか、です。

もちろん、深刻化するごみ問題の解決には、消費者とメーカー双方の理解と協力が不可欠なことは言うまでもありません。ただ、これからのリサイクル社会を築いていくためには、効率性や利便性を多少犠牲にしても、環境へのやさしさを優先させるなど、私たち消費者が生活のあり方を少し変えていく必要があるようです。

また、商品が環境問題を十分配慮して作られているかどうか、メーカーの姿勢を厳しくチェックする目が大切になります。リサイクルで生み出される再生品の積極的な利用もそうですね。例えば、古紙一トンは成木二十本分のパルプに相当するそうです。古紙から作る再生紙の利用を増やせば増やすほど、自然をそこなわずに済むわけです。

未来の世代から借りている地球を、可能な限り負荷を与えず引き継いでいく。遠大なテーマですが、実は一人ひとりのちょっとした心がけが一番のカギなのです。

 

知事の窓一覧へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?