• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部健康推進課 > 化学物質過敏症について

ここから本文です。

更新日:2020年10月2日

化学物質過敏症をご存知ですか?

化学物質過敏症は、洗剤、柔軟仕上げ剤、芳香剤、香水、建材などの日常生活で私たちが何気なく使用しているものに含まれる化学物質に接触することで、頭痛や全身倦怠感、不眠など多岐にわたる症状があらわれることがある病気です。

未解明な部分の多い病気ですが、化学物質過敏症へのご理解、ご配慮をお願いします。

化学物質過敏症とは

(厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班「化学物質過敏症~思いのほか身近な環境問題」パンフレットより引用)

化学物質過敏症は過敏という名が示すように、ごく少量の物質にでも過敏に反応する点ではアレルギー疾患に似ています。最初にある程度の量の物質に暴露されると、アレルギー疾患でいう“感作”と同じような状態となり、二度目に同じ物質に少量でも暴露されると過敏症状を来たします。時には最初に暴露された物質と二度目に暴露された物質が異なる場合もあり、これは多種化学物質過敏症と呼ばれます。 

化学物質過敏症はこのようなアレルギー疾患様の性格だけでなく、低濃度の化学物資に反復暴露されていると体内に蓄積し慢性的な症状を来たすという中毒性疾患に近い性格も兼ね備えています。 

化学物資過敏症は未解明な部分が多い疾患ですが、このようにアレルギー性と中毒性の両方に跨る疾患、あるいはアレルギー反応と急性・慢性中毒の症状が複雑に絡み合っている疾患であると考えています。

症状は?

 頭痛、全身倦怠感、不眠、便秘、動悸など、特徴のない症状が多いようです。この他にもめまい、発汗異常、結膜の刺激症状、下痢、筋肉痛、皮膚炎、咽頭痛など症状は様々あるようです。

このため、化学物資過敏症は診断が難しい疾患と言えます。

どのようなものが原因物質となるの? 

原則的には、その患者さんにとって合わないものがあれば何でも原因物質になる可能性があります。例をあげれば、洗剤、漂白剤、柔軟剤、芳香剤、建材、接着剤、塗料、排気ガス、殺虫剤、除草剤、大気汚染物質など様々です。

ご理解とご協力をお願いします

 化学物質過敏症の予防と治療には、まず完全でなくても、できるだけ接触する原因物質の量を少なくすることとされています。

皆さんの周りにも、化学物質過敏症の症状で、苦しんでいらっしゃる方がいるかもしれません。洗剤や柔軟仕上げ剤、芳香剤など、日常的に使用している製品に含まれる化学物質が原因となって、頭痛や倦怠感などの症状を誘発させてしまっているかもしれません。

公共の場など多くの人が集まるところでのこれら製品の使用にあたりましては、化学物質過敏症について、ご理解いただき、ご配慮くださいますようお願いします。

 


 

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?