• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部健康推進課 > ヒアリに刺された場合の留意事項について

ここから本文です。

更新日:2019年12月20日

ヒアリに刺された場合の留意事項について

ヒアリについて

   ヒアリは、南米原産で体長は2.5~6mm程度、体色は主に赤茶色の有毒のアリです。
世界では北米やアジア等にも外来生物として侵入・定着しており、世界各地で大きな問題となっています。

  ヒアリは、極めて攻撃性が強いとされており、刺された際には、毒により、熱感を伴う非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れ、その後、膿が出ます。

  さらに毒に含まれる成分に対してアレルギー反応を引き起こす例があり、局所的、または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が出現する場合があります。欧米においてはアナフィラキシー症例も報告されています。

 

もし、ヒアリに刺されたら(※ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なります。)

  • 刺された直後
      体調に変化がなくても、20~30分程度は刺された部位を冷たいタオルや保冷剤などで冷やしながら安静にし、様子をみてください。
  • 容態が急変した場合
      体質によっては、息苦しさ、声がれ、激しい動機やめまいなどを引き起こすことがあります。進行すると意識を失うこともあります。このような症状が現れた場合には、強いアレルギー反応による「アナフィラキシーショック」の可能性が強く、処置が遅れると生命の危険を伴いますので、救急車を呼ぶ必要があります。「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーショックの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。

        参考:「ストップ・ザ・ヒアリ」(環境省発行)(PDF:1,447KB)

 

医療機関の方へ

  ヒアリに刺された場合の留意事項について、厚生労働省から文書が発出されております。
  もしもヒアリに刺された患者が受診された際には、適切な救急措置にご協力をお願いいたします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課感染症対策室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1438

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?