• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部健康推進課 > もっと野菜プロジェクト(MYP350)

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

 

1日に350g以上の野菜を食べよう

もっと野菜プロジェクト(MYP350)  

  「MYP350」は、もっと(M)野菜(Y)プロジェクト(P)の頭文字に、野菜の1日必要量350グラムを組み合わせた名称です。

一般に、カリウム、食物繊維、抗酸化ビタミンなどは、循環器疾患やがんの予防に効果的に働くと考えられていますが、基本的には通常の食事として摂取することが望ましく、特に野菜の摂取との関連が大きいことがわかっています。これらの栄養素を適量摂取するには、350グラム以上の野菜摂取が必要と推定されることから、「健康日本21(第二次)」では、成人1日あたりの野菜摂取量の目標値を350グラムとしています。

 けれども、「平成28年度県民健康・栄養調査」の結果をみると、成人(20歳以上)で316.4グラムであり、特に若い世代での摂取量が少ない状況でした。

 このことから、本県では、野菜摂取促進のためにさまざまな取り組みを行ってきました。

現在は、「いしかわヘルシー&デリシャスメニュー普及事業」の一環として、野菜の摂取量促進のために『野菜1品プラス運動』を実施しています。 

野菜のよさをもっと知っていただくための冊子とマット

 野菜の健康科学ブック

  野菜ブック

  野菜の健康効果や簡単に食べるための工夫、よく使う野菜の特徴や簡単なレシピなどを掲載しました。

  1日に必要な野菜の量は350グラム以上です。積極的に野菜を食べるためにご活用ください。 

野菜の健康科学ブック(PDF:4,397KB)

野菜のマット

  「野菜の健康科学ブック」の情報を抜粋し、紙製マットとして作成しました。

  ご家庭はもちろん、大学や企業の食堂、飲食店などで、食事の際のトレイなどに敷いていただくランチョンマットとしてもご活用いただけます。

野菜のマット1  水色(350グラムをとる工夫) (PDF:571KB)

野菜のマット2  ピンク(いしかわの野菜)(PDF:674KB)

野菜のマット3  オレンジ(レシピ)(PDF:572KB)

野菜のマット4  緑(たくさん食べるには)(PDF:1,289KB)

野菜摂取状況調査

  県民の野菜摂取状況等を把握し、野菜摂取促進のための媒体や普及啓発方法を検討するために平成24年に実施しました。

調査の概要(PDF:121KB)

調査票(PDF:357KB)

結果の概要(PDF:1,114KB)

オリジナルアイディア・おすすめレシピ

  平成24年度、実際にチャレンジ週間に取り組んだ方から、野菜摂取のためのオリジナルアイディアやおすすめレシピが寄せられました。参考にしてみてください!

オリジナルアイディア・おすすめレシピ(PDF:151KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?