• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 石川県消費生活支援センター > 石川県消費生活支援センターからの情報提供

ここから本文です。

更新日:2021年1月14日

石川県消費生活支援センターからの情報提供

消費者団体訴訟制度と適格消費者団体について(令和3年1月14日)

  消費者トラブルの未然防止・拡大防止及び被害回復を図る「消費者団体訴訟制度」について、皆さんご存知ですか?

  消費者個人では、事業者との間に情報力や交渉力に格差があり、また訴訟には費用や時間・労力がかかることから、泣き寝入りすることもあります。私たちの小さな声を集め、「消費者団体訴訟制度」を活用して消費者の代わりに企業と交渉してくれる団体が「適格消費者団体」です。

  「適格消費者団体」は、差止請求権を適切に行使できる専門性などの要件を満たしたうえで、内閣総理大臣によって認定されます。日本海側唯一の団体として、本県に「特定非営利活動法人消費者支援ネットワークいしかわ」があります。

  もし消費者トラブルにあった時は、まずは私たち消費生活センターにご相談ください。さらに、内容によっては「消費者支援ネットワークいしかわ」に情報提供していただく事で、消費者トラブルの未然防止・被害拡大防止に繋がります。

  消費者トラブルを少しでも減らすため、皆さまのご協力をお願いいたします。

詳しくは消費者支援ネットワークいしかわのホームページを覧ください
http://csnet-ishikawa.com/(外部リンク)

柔軟仕上げ剤のにおいについて(令和2年8月13日)

  柔軟仕上げ剤は、衣類の風合いを柔らかく保つことと静電防止効果を持つものです。2000 年代後半から香りの強い海外製の柔軟仕上げ剤がブームになったのをきっかけに、芳香性を工夫した商品の品ぞろえが増え、現在は、消費者が香りの強さや種類を選択できるよう様々な商品が販売されています。

  国民生活センターによれば、「柔軟仕上げ剤のにおい」に関する相談が毎年一定程度(年間130~250件)寄せられており、下記のとおり、消費者の皆さまへ商品選択や使用にあたっての情報提供が行われております。

≪消費者の皆さまへ≫

  1. 自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じ、中には体調を崩すという申し出もあるということを認識しておきましょう
  2. 香りの強いタイプの柔軟仕上げ剤を表示の2 倍量使用すると、洗濯物から放散される揮発しやすい成分の総量(TVOC)は顕著に上昇しましたが、臭気判定士により調べたにおいの強さ(臭気強度)に明らかな差は認められませんでした。使用量の目安を参考に、過度な使用は避けましょう
  3. 商品を選択する際は、商品のパッケージ等に記載されている「香りの強さの目安」を参考にしましょう

詳しくは国民生活センターのホームページをご覧ください
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20200409_2.pdf(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部消費生活支援センター 

石川県金沢市幸町12-1 石川県幸町庁舎3階

電話番号:076-255-2155

ファクス番号:076-255-2397

Email:seika-ke@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?