• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2022年3月22日

知事の発言集 - 知事の窓 - 2022年春季号

百分の一と百万石。世界に誇れる小さな巨人へ。

  石川県と聞いて、すぐに浮かぶキャッチフレーズは「百万石」ではないでしょうか。本県を国内外に発信する際、シンプルで覚えてもらいやすく、しかも他県にはまねのできない唯一無二の代名詞ということで、観光PRマスコットキャラクターや県産ブランド米のネーミングなどでも使っています。

  知事に就任して間もない頃、関西に住む知人に「石川県って外からはどう見える?」と聞いたことがあります。「やっぱり加賀百万石の文化のイメージや。他の追随を許さへんで」といわれる一方、「そやけど遠いのが玉に瑕(きず)や」と付け加えることも忘れませんでした。

  世はバブル経済が崩壊し、豊かさの物差しが「量」から「質」に大きく変わろうとしていました。石川県は人口や面積が日本のほぼ100分の1。それで「1%県」とも揶揄(やゆ)されるわけですが、文化に代表される個性に磨きをかけ、大都市や海外とのアクセスを改善すれば、「小粒でもキラリと光り、世界に誇れる県になれる」と拳(こぶし)を握った記憶がよみがえります。

  あれから28年。北陸新幹線開業、小松空港国際化、のと里山空港開港、金沢港クルーズターミナル完成など次々と交流基盤が整い、文字通り日本海側のトップランナーになったと自負しています。手前みそでない証拠に、民間調査機関が47都道府県の住民を対象に行った「地域の持続度」に関する意識調査で、石川県が5位にランクインしました。

皆様のご協力に心からの感謝

  調査の目安となった「幸福度」「生活満足度」「愛着度」「定住意欲度」の指標のうち、特に「生活満足度」については本県が1位であり、県民の皆様が日々の暮らしに満足されていることは、わたしにとって何よりも誇れる勲章です。また、全国812市区を対象にした「住みよさランキング」でも、1位となった野々市市をはじめ、県内6市がトップ20に入っています。

  このような高い評価を受ける、ふるさとづくりを進めてこられたのも、皆様のおかげです。例えば、子育て支援事業として本県から全国に広まった「プレミアム・パスポート制度」は、協賛を頂く企業の「自分たちも育児を応援したい」との参加意識の高まりがあって初めて可能でした。

  小松空港の国際化を加速させた上海便就航の陰では、その試験飛行ともいえるプログラムチャーター便に、中国側も驚くほど多くのご利用があったことが決め手となりました。地域防災のリーダーとなる防災士の数も、女性を含めて計画を上回って伸び続けています。皆様のご理解とご協力に、心より感謝申し上げます。

  ところで、日課とする早朝の散歩はもう20年を超えました。途中、皆様と交わすあいさつにも随分と励まされました。そして、3月27日からは、このふるさとをこよなく愛する一県民として、未来を楽しみにすごしていきたいと思っています。どうぞ、変わらないおつき合いをお願いします。長い間、本当にありがとうございました。

知事の窓一覧へ戻る 

 

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?