• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2018年11月26日

知事の発言集 - 知事の窓 - 2018年秋季号

今や「数十年に一度」は「毎年ある」との用心で

  紅葉がピークをすぎ、兼六園では11月から風物詩の雪吊りが始まっています。湿気を含んだ北陸特有の重い雪から樹木を守る先人の知恵ですが、振り返ると、今年は本当に自然災害の多い年だったように思います。

  2月上旬の大雪に始まり、7月の西日本の豪雨、8月には能登が大雨に見舞われました。また、台風が頻繁に日本を直撃し、大地震が6月に大阪府北部、9月に北海道を襲いました。熱中症による死者が相次いだ猛暑も、そのひとつと言えるかもしれません。

  「数十年に一度」と言われる自然災害がこうも続くと、「毎年やって来る」と用心したほうがいいように思います。その意識が、万一の備えと機敏な対応にもつながります。

  今年の大雪では、北陸新幹線は通常どおり運行されましたが、それ以外の道路、鉄道、航空の交通網が寸断され、数日間、あわや陸の孤島といった状態に陥りました。特に、県境に近い国道8号の福井県側で、約1500台が3日間にわたり、立ち往生した件では、北陸自動車道との連携がうまくできていたら、あのような大渋滞は避けられたかもしれません。

  災害時にまず重視すべきは「安全確保」ですが、すべてマニュアルどおりにやればいいわけではありません。安全を十分見極めながら、その場その場で柔軟に運用する臨機応変さこそ重要です。県としても今回の大雪を教訓に、関係機関との連携をさらに密にして今冬に備える決意です。

  同時に、除雪では、地域における共助がとても大切です。私の住む町会では、皆さんが懸命に道路の除雪をしてくれたおかげで、歩行者も車も支障なく通行することができました。私もスコップを持って実感したのは、「積もって重くなってからでは腰を痛めるから、とにかくこまめに」でした。

  近年、空き家の増加などで、共助が難しくなっているのも事実ですが、枝折れを防ぐ雪吊りのように、雪のシーズン前に地域で支える共助のネットワークづくりについて話し合ってみてはいかがでしょうか。 

知事の窓一覧へ戻る 

 

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?