緊急情報

閉じる

現在、情報はありません。

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部厚生政策課 > 令和6年(2024年)能登半島地震災害義援金配分委員会について

印刷

更新日:2024年2月22日

ここから本文です。

令和6年(2024年)能登半島地震災害義援金配分委員会について

令和6年(2024年)能登半島地震災害義援金配分委員会について

   令和6年(2024年)1月1日に発生した能登半島地震により被災された方々へのお見舞いとして、国内外から石川県、日本赤十字社石川県支部、石川県共同募金会に寄せられた義援金を公平に配分するため、石川県地域防災計画に基づき、石川県令和6年(2024年)能登半島地震災害義援金配分委員会を設置しました。

義援金の配分について

令和6年(2024年)2月1日(木曜日)に第1回義援金配分委員会を開催し、次のとおり第一次配分計画を決定しました。

第一次配分計画の概要

【1】基本方針

   配分に当たっては、義援金をお寄せいただいた方々のご厚志が被災者の皆様に伝わり、新たな生活に向けた動機づけとなるよう広く配分する。

【2】義援金総額

   16,925,590千円(令和6年(2024年)1月30日時点)

【3】配分対象

   令和6年(2024年)能登半島地震により、

      (1)以下の被害を受けられた方

          人的被害:死者、行方不明者、重傷者

          住家被害:全壊、大規模半壊、中規模半壊、半壊

      (2)ライフライン(上下水道、道路、電気等)の被害が甚大であり、過酷な生活を強いられてきた6市町(七尾市、輪島市、珠洲市、志賀町、穴水町、能登町)の全住民

【4】配分の考え方

   (1)寄附者から「早く被災者に届けて欲しい」との声が多くあることから、第一次配分を早急に実施することを主眼とする。

   (2)今回は、特定非常災害に指定される「著しく異常かつ激甚な非常災害」であることから、人的・住家被害については、過去に同様の指定を受けた事例(熊本地震、東日本大震災)を踏まえて、単価を設定する。

   (3)ライフライン(上下水道、道路、電気等)の被害が甚大であり、過酷な生活を強いられてきた6市町(七尾市、輪島市、珠洲市、志賀町、穴水町、能登町)の全住民も配分対象とする。

   (4)第一次配分の残額および今後寄せられた義援金については、今後も適宜配分委員会を開催し、その決定に基づき、追加配分を実施する。

【5】配分基準

区分  件数(A)※試算  配分比率   義援金単価(B)   配分額(A×B)※試算 
 死者・行方不明者 238 1.00  200千円  47,600千円 
 重傷者 311 0.50  100千円  31,100千円 
 全壊 22,146 1.00  200千円  4,429,200千円 
 大規模半壊 31,742 0.75  150千円  3,174,200千円 
 中規模半壊 0.50  100千円 
 半壊 0.25  50千円 
 6市町全住民 124,744 50千円  6,237,200千円 
 計 179,181 13,919,300千円 

※人的被害は令和6年(2024年)1月30日時点の被害報告を基に、住家被害は、現時点や過去の大災害の全壊・半壊率を基に試算

【6】配分の方法・時期

   (1)人的・住家被害

      ・方法:被災者からの申請に基づき、市町を経由して振込

      ・時期:罹災証明書等の必要書類が準備でき、被災者からの申請があり次第開始

   (2)6市町全住民

      ・方法:対象者は県へ申請し、県が直接振込を実施

      ・時期:2月26日からオンライン・郵送による受付を開始

        (窓口については、3月中旬頃の設置に向けて準備中です)

         →申請方法等の詳細は以下のホームページよりご確認ください。

             https://ishikawa-gienkin.jp/(外部リンク)

            (2)に関するコールセンターを設置しました。連絡先は以下のとおりです。

            電話番号:0120-102-829(受付時間:9時~18時※土日祝対応)

お問い合わせ

所属課:健康福祉部企画調整室

電話番号:076-225-1412

ファクス番号:076-225-1409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報はお役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

同じ分類から探す