• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年3月18日

尾崎神社・江沼神社長流亭

尾崎神社  本殿  附厨子・中門・透塀・拝殿及び幣殿
附棟札3枚(4棟)

  寛永20年(1643)  木原木工允造
  尾崎神社  金沢市丸の内5-5

尾崎神社

重要文化財  昭和25年8月29日指定

寛永17年(1640)に幕府から東照大権現の勧請を許された加賀4代藩主前田光高が、幕府の御大工木原木工允の設計により、翌々寛永19年(1642)に金沢城北ノ丸に起工し、翌20年(1643)に完成。別当として神護寺を置いた。
明治6年(1873)の神仏分離により、仏像・仏具を除き、翌年、尾崎神社と改めた。同九年(1876)に城内が陸軍省用地となったため現在地へ移ったが、移転料が600円しか下付されなかったため、費用が足りず、附属の諸建物を廃棄して、現存の建物だけを移築した。
拝殿は、3間2面の入母屋平入り、千鳥破風付、1間の向拝を付ける。幣殿は、1間2面で、拝殿に棟をT字型に接し、ともに本瓦型銅板葺。いずれも朱漆塗で、出組の斗きょう及び彫刻類が極彩色の華麗な社殿である。軒先は二軒繁たるきで、斗きょうは出組の支輪を吹き寄せにしているのが珍しい。
中門は幣殿と本殿の間に建ち、平唐門で、本殿と同じく本瓦型銅板葺。菱格子吹寄桟の桟唐戸を建込む。その両脇から透塀が延びて、本殿を取り囲んでいる。透塀は、現在、桟瓦葺になっているが、もとは本瓦型銅板葺であったと考えられる
本殿は、3間社流造りで、本瓦型銅板葺とし、内外陣に分かれ、内陣に厨子を安置する。内外部とも漆を塗り、彫刻や斗きょうを極彩色とし、錺金具を打ち、日光廟の仕上げを模して華麗である。厨子は、1間厨子で、入母屋造り、妻入り、本殿建設当初のものと認められる
昭和60年「石川県の文化財」より

 

江沼神社長流亭(1棟)

  宝永6年(1709)  塚本吉右衛門造
  江沼神社  加賀市大聖寺八間道

江沼神社長流亭

重要文化財  昭和25年8月29日指定

大聖寺藩3代藩主前田利直が、宝永6年(1709)に、藩邸の庭園の一隅に大聖寺川に臨んで建てた別邸で、当時は「川端御亭」と呼ばれていた。
棟札によって上棟年代のほか、奉行・大工などの名前も判明しており、意匠も江戸時代中期の特色をもった優秀な遺構である

間取りは中央2室を座敷とし、その4周を1間幅の入側で取りまき、上の間と下の間の仕切りを延長して、入側を仕切っている。上の間は6.5畳で、内側から床・床脇飾り棚・付書院を設け、花頭窓・欄間を付けている。この欄間の意匠は大柄で彫りも厚く、江戸時代初期の気風を持っており、花頭窓や建具の意匠とともに優れている。
入側の仕切りに入っている杉戸絵の花菱七宝模様の極彩色や、その上にかかる竹の節欄間の扱いも巧妙であり、玄関の桟唐戸の意匠も良い。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?