• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2011年1月13日

気多神社本殿・若宮神社

気多神社本殿    附棟札2枚  (1棟)
摂社白山神社本殿    (1棟)

  天明7年(1787)  清水次左衛門・清水多四郎造
  気多大社  羽咋市寺家町

 

気多神社本殿・摂社白山神社本殿

重要文化財  昭和57年6月11日指定

気多神社本殿は、桁行3間、梁行4間の両流造りで、正面に1間の向拝を付け、4周に高欄付きの縁を巡らしている。両流造りは、この本殿や、厳島神社にしか見られず、類例が乏しい。平面にもきわめて重要な特色があり、外陣・中陣・内陣の3室に分け、内陣は奥の2間とし、その前方1間を囲って神座とし、後方の1間を御納戸と称する特異な形態をとって、神仏習合の影響を濃厚に伝えている。建立年代は、棟札によって天明7年(1787)であることが知られ、大工は清水次左衛門峯充である。細部の様式は古風であり、かえる股なども天明期とは思われものである。妻には彫刻を多用しているが、装飾過多には陥ってない。
摂社白山神社本殿は、気多神社本殿と同年の棟札があり、同時に同じ大工によって造られている。3間社流造り、檜皮葺で、本社本殿の右側に並んで建っているが、内陣の形式は本殿に準じており、本殿に合わせて規模意匠を整えていることがわかる。
昭和60年「石川県の文化財」より  

 

気多神社摂社若宮神社本殿 (1棟)

  永禄12年(1569)
  気多大社  羽咋市寺家町

 

摂社若宮神社本殿

重要文化財  昭和25年8月29日指定

 

気多神社の拝殿の奥には、中央の大型の本殿に並んで、その左脇に摂社若宮神社本殿、右脇に白山神社本殿があり、3棟の本殿が立ち並んでいる。若宮神社本殿は、事代主命を祀り、永禄12年(1569)に能登守護畠山義綱により再建されたもので、小屋束に墨書銘があり、石川県下で数少ない戦国時代の建築の1つである。 1間社流造り、檜皮葺で、全体に繊細な感じのする建築であるが、かえる股や手挟みの彫刻にはこの時代独特の若葉が見られ、妻の大瓶束の雲形模様がすぐれている。向拝の木鼻や頭貫木鼻もすぐれている。向拝は、大面取り角柱に連三斗、手挟で身舎は円柱に連三斗で桁を受けている。軒先は二軒繁たるきで、向拝だけを一軒にしているのは簡潔である。4周に高欄付の切目縁をめぐらし、亀腹(土壇の周囲を土台下から地盤面まで丸く仕上げたもの)の上に立つ。縁束は柱の間隔で立ち、中間を省略しているのも向拝の軒先と同じ感覚であろう。大きな本殿の脇に小さく建っている姿は、いかにも室町的な感じである。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?