• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 市ノ瀬ビジターセンター > 市ノ瀬ビジターセンター自然情報(平成30年8月16日~31日)

ここから本文です。

更新日:2018年9月4日

市ノ瀬ビジターセンター自然情報(平成30年8月16日~31日)

お盆を過ぎ、時折吹く風が涼しく感じられる市ノ瀬です。つい最近まで花を探し、青葉に胸躍らせて見上げていた園地の木々ですが、今見上げると、いつの間にか立派に実をつけ始めています。異常気象に悩まされた8月でしたが、確実に季節は移っているようです。

ドロノキの綿毛
空の雲になりそうなドロノキの綿毛(平成30年8月27日)

観察記録

平成30年8月16日~31日に観察

観察された植物

開花 ハンゴンソウ、キンミズヒキ、ミズヒキ、ウド、エビガライチゴ、カワラハハコ、コバギボウシ、オトコエシ、ゲンノショウコ、イヌトウバナ、ノブキ、シモツケ、シラネセンキュウ、ツリフネソウ、ツルニンジン、アカバナ、ジャコウソウなど

観察された動物

哺乳類  アナグマ
鳥類 ホオジロ、カケスなど
昆虫 アキアカネ、オニヤンマ、スズメバチ、サカハチチョウ、モンシロチョウ、ミドリヒョウモン、ベニシジミ、キチョウ、エサキモンキツノカメムシ、ブチヒゲカメムシなど
爬虫類・両生類  ―

植物たち

818ハンゴンソウ
ハンゴンソウ(平成30年8月18日)

818ウド
ウド(平成30年8月18日)

819エビガライチゴ
エビガライチゴ(平成30年8月19日)

819カワラハハコ
 カワラハハコ(平成30年8月19日)

819オトコエシ
オトコエシ(平成30年8月19日)

822ゲンノショウコ
ゲンノショウコ(平成30年8月22日)

822キンミズヒキ
キンミズヒキ(平成30年8月22日)

822ノブキ
ノブキ(平成30年8月22日)

822シモツケ
シモツケ(平成30年8月22日)

825ツルニンジン
 ツルニンジン(平成30年8月25日)

826アカバナ
アカバナ(平成30年8月26日)

828トチノキ
トチノキ(平成30年8月28日)

830ジャコウソウ
ジャコウソウ(平成30年8月30日)

 

 

生きものたち

819アナグマ
アナグマ(平成30年8月19日)

819カメムシ
ブチヒゲカメムシ(平成30年8月19日)

826ベニシジミ
ベニシジミ(平成30年8月26日)

826ハチの巣
大きくなるハチの巣(平成30年8月26日)

827エサキモンキツノカメムシ
エサキモンキツノカメムシ(平成30年8月27日)

827キチョウ
キチョウ(平成30年8月27日)

827ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン(平成30年8月27日)

828ホオジロ
ホオジロ(平成30年8月28日) 

ページの先頭へ戻る

トピックス

「県庁インターンシップ来館」8月21日

標高831mの市ノ瀬、街中と比べれば、かなり涼しかったのではないでしょうか?市ノ瀬ビジターセンターの説明を受けたあと、岩屋俣谷園地の散策と、別当出合での外来植物除去作業を体験していただきました。美しい白山を守るため、いろんな仕事があります。

 県庁1
岩屋俣谷園地を散策(平成30年8月21日)

県庁2
説明を受ける(平成30年8月21日)

「白山ジオトレイル」8月23日

白山麓から白山を舞台に、7日間旅をするレースだそうで、暑い中市ノ瀬ビジターセンター前でも、通過する選手をチェックしていました。白山は国立公園内であり、特別な許可を取っての大会、選手も「登山道は走らない」などの規制が課されています。過酷なレースの中、選手のみなさんはどんな感動的な景色に出会えたのでしょうか?お疲れ様でした。

ジオトレイル2
チェックポイント(平成30年8月23日)

ジオトレイル1
スタッフの方々(平成30年8月23日)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?