• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 県民文化スポーツ部男女共同参画課 > 男女共同参画推進・大学におけるワークショップ

ここから本文です。

更新日:2022年2月24日

男女共同参画推進・大学におけるワークショップ

   私たちがそれぞれ「自分らしく」生き生きと暮らしていくためには、男性と女性が互いに個性と能力を認め合い、多様な生き方を受け入れることが大切です。

  このため、県内の大学において、自分が思い描く理想の生き方について考えるワークショップを開催しています。

 ワークショップの様子

workshop1 大学ws講義

workshop2 workshop3 

現役大学生の思いは? 

  学生間では、自分の将来や、働き方について、活発な意見交換がありました。その意見の一部をご紹介します。

家事・育児について

  • 家族で家事を分担し、夫、妻のどちらか一方に負担がかかるのを防ぎたい。
  • 男性と女性で子どもに教えられるものはそれぞれ違うので、育児は夫婦で協力すべきだと思う。
  • 育児休暇は女性の方が取りやすいイメージがあるので、育児は女性が中心となって行い、男性は時間があるときに協力すればいいと思う。
  • 子どもが成長するまでは子どものそばにいたい。

理想の働き方について

  • 結婚しても子どもを産んでも、仕事を続けたい。
  • 私は理系で、目指す職業は男性が多いけど、性別関係なくがんばりたい。
  • どちらかが仕事に出て稼ぎ、どちらかが家に入るのが理想。
  • 仕事もバリバリしたいけど、家庭に入って夫を支える生活にも憧れる。 

男女共同参画について

  • 自分らしく生きることは、周りの協力と理解があって初めてできることだと思う。
  • 性別による役割分担は、両親や祖父母の姿を見ていて当たり前だと思っていたけど、改めて自分の将来について考えてみたい。
  • みんなそれぞれいろいろな考えを持っていることがわかった。自分に合った生き方をし、お互いの生き方を認め合っていこうと思う。
  • 「相手の気持ちになって考える」何事も話し合い、お互いの意見をぶつけ合っていきたい。

 

若者向け啓発リーフレット 

若者向け啓発リーフレット「自分らしく輝くために「男だから」「女だから」にとらわれない生き方」(令和3年10月改訂)


ページの先頭へ戻る


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部男女共同参画課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1378

ファクス番号:076-225-1374

Email:danjo@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?