• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年8月19日

ユニホック

ユニホックとは

ユニホック  プラスティック製の柔らかなスティックと、プラスティック製でスピードの出にくいボールを使用し、安全性を高めたミニホッケーの一種で体育館で出来るスポーツである。ユニバーサルホッケーの略で、万人のためのスポーツとして考案された。

用具

  スティック、ボール、ゴールポストなど 

用具

コート

コート

ルール 

  1. 6人対6人でおこなう。キーパーは置かない。
  2. フライングボールは手のひらに当てて「真下」に落とすことができる。
  3. ボールを止める際には、頭と腕以外ならどの部分を使ってもかまわない。
  4. 反則の度合いによって、ペナルティストロークまたはフリーストロークが相手に与えられ、特に重い反則を犯した場合はオーダーオフ(退場)が適用される。
  • ペナルティストロークは、反則を犯したチームの相手側がペナルティポイント(ゴールから7m離れた地点)から一度だけシュートできる。この際他のプレイヤーはペナルティポイントから後方に2m以上離れて、ボールがゴールラインを超えるまで動いてはならない。ボールがゴールまで届かない場合はフェイスオフにより再開される。
  • フリーストロークは、反則を犯したチームの相手側に自由なストロークが出来る権利が与えられる。この際直接シュートしてもかまわない。また主審の合図から3秒以内に打たなければならない。(相手方は、プレイヤーより3m以上離れていなければならない。)
  • 主な反則
    1. 味方プレイヤーに足でボールをパスすること。(キッキング・ザ・ボール)
    2. ボールを操作する際にスティックのブレードを膝より上に持ち上げること。また、振り上げること。(ハイ・スティック)
    3. 寝そべったり、膝をついたりしてボールをパス、あるいはシュートすること。(スタンディング・ストローク)
    4. フライングボールを叩き落としたり、つかんだり、「前方」に落としたりすること。(ハキング・ザ・ボール)
    5. 相手チームのプレイヤーを押し付けたり、つまずかせたり、蹴ったり、身体でタックルなどをすること。
    6. ゴールポストを故意に動かすこと。

プレーの進め方 

  1. 競技時間は前後半10分ハーフで、ハーフタイムは2分とする。
  2. フェイスオフにより競技を開始する。フェイスオフとはレフリーによって床上に置かれたボールを両チーム各1名のプレイヤーが、スティックを用いて取り合うことをいい。開始時の他にゲーム再開時などで行われる。
  3. 得点は1ゴール1得点として数える。
  4. 同点の場合は、5分間の延長戦を行う。それでも勝負がつかない場合は、サドンデス方式をとる。

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部スポーツ振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1391

ファクス番号:076-225-1388

Email:i-sports@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?