• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年8月19日

ターゲット・バードゴルフ

ターゲット・バードゴルフとは

  ターゲット・バードゴルフゴルフボールにバドミントンの羽根のようなものを取り付けて、普通のゴルフクラブで打ち、傘を逆さにしたようなホールへ入れるミニゴルフの一種である。 ボールの重さはゴルフボールの半分くらいで、羽根は飛距離を押さえる働きをする。したがって、普通のゴルフより狭い場所で、安全に楽しむことができる。 技術的にはゴルフとほとんど変わらない。特にコントロールショットが要求されるのでアプローチショットに役立つ。ニアピン競技とコース競技がある。

用具

用具

コース

コース

  • ショートホール15~20m(2ヶ所)パー2
  • ミドルホール  30~40m(5ヶ所)パー3
  • ロングホール  45~60m(2ヶ所)パー4

ルール(コース競技)

(1)ボールを正しく打とうとしてクラブを振ることをストロークという。ボールを打つ意志があれば、空振りになっても1ストロークと数える。

(2)押し出したり、かき寄せたり、すくいあげたときは、反則として2打を付加する。

(3)1ストローク中に2回以上ボールがあたった時は、1打付加し合計2打として数える。

(4)コースからボールが出た場合(アウト・オブ・バウンズ:OB)は一打付加し、ホールに近づかないでOBラインよりクラブ1本分の位置に移動させ次のストロークをする。

(5)セカンドホールに入れた場合は、1打付加しホールアウトとする。

(6)プレースとリプレース
  プレースとはボールを拾い上げて、「別の地点」に置くことをいいペナルティーはない。また、リプレースとは拾い上げたボールを「あった地点」に置き戻すことを言う。
  以下の方法に従えば自由にプレース出来る。この際羽根の向きは変えてもかまわない。
  Aスイングマットを使用するとき

  1. ボールの真後ろにスイングマットを置く。
  2. ボールを拾い上げる。
  3. スイングマットの最前方に、ボールを置く。

  Bスイングマットを使用しないとき

  1. マークせずにボールを拾い上げてもかまわないが、拾い上げた後で、位置関係が不明になる恐れがあるときは、マークした方が良い。
  2. 拾い上げたボールが「あった地点」より6インチ(18cm)の範囲内で、しかもホールに近づかない「別の地点」に置くことが出来る。

プレーの進め方

  1. スタート時のティーショット(第1打)の順番は、くじ引き、ジャンケン、コイントス等で決める。
  2. 第2打からは、ホールから最も遠いボールから先にプレーする。(遠球先打)
  3. 2ホール目以降のティーショットの順番は、前のホールで最も少ないスコアのプレーヤーから行う。
  4. プレー順を間違えてプレーしても罰はなく、元の位置から打ち直す。

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部スポーツ振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1391

ファクス番号:076-225-1388

Email:i-sports@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?