• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年8月19日

ラージボール卓球

ラージボール卓球とは

ラージボール卓球  従来の卓球ボールよりひとまわり大きくて軽いオレンジ色のボールと、表ソフトラバーを張ったラケットを使う新しい卓球である。 ネットも従来より少し高いものを使うためボールが高く弾み、スピードも遅いのでラリーが続き楽しめる。

用具

【ラケット】
  大きさ、形状、重さは任意。ただし、本体は平坦で固い木製のサンドイッチラバー(表ソフト)
【ボール】
  セルロイドまたはプラスチック製で、直径4.4cm、重さ2.2gのオレンジ色無光沢(ラージボール)

用具

テーブル

テーブル

【テーブル】
  長さ2.74m、幅1.525mで床上からテーブル上面までの高さを76cm及び66cmに調整可能なもの。
【ネット】
  テーブル上面から17.25cmの高さになるよう両側をサポートに固定する。

ルール

  1. 1ゲーム9点先取した方を勝者とし、8対8以後は2点先取した方を勝者とする。
    ただし、10対10になったときは、1点先取した方を勝者とする。
  2. 1マッチは3ゲームとし、3ゲーム目の試合途中でのチェンジエンドは、いずれかが4点先取したときとする。
  3. サービスは、2本交替とし、8対8以後は1本交替とする。
  4. 試合開始前の練習時間及びゲームとゲームの間の休憩時間は1分以内と決められている。
  5. プレー進行中に生じた、けいれん等による競技中断はその時点でその競技者の棄権負けとなる。
  6. 事故による転倒又は負傷で競技続行不能の場合は審判等の判断で最大10分の中断が認められる。
  7. タオルの使用(タイム)は1ゲームにつき、一人2回とする。

プレーの進め方

  1. サービスは手のひらの上に静止させたボールを上方に投げてから、そのボールが落下する途中をラケットで打球しなければならない。
  2. エンドは1ゲームごとの交代とし3ゲーム目は、どちらかの得点が4点になったときに、エンドを交代する。

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部スポーツ振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1391

ファクス番号:076-225-1388

Email:i-sports@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?