• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年8月19日

エアロビック

エアロビックとは

エアロビック  エアロビック・ダンスは、ケネス・H・クーパー博士によって提唱された「エアロビクス理論」に、ダンスの動きを組み合わせた有酸素性運動のひとつで、1970年代にアメリカで誕生した。
  音楽・ダンス・美容・ファッション性を加味した「エアロビック・ダンス・エクササイズ」は1980年代初期から世界各地でブームとなるが、1983年には、エアロビックダンスエクササイズとは一線を画す、パフォーマンスを競い合うことを目的としたスポーツとしてのエアロビックが発展・加速した。 また、愛好者がチームとして、エアロビック本来の動きを楽しく表現・発表する「エアロビックの団体種目」も急速に普及している。

使用用具

  手具・小道具は用いない。

場所

  体育館のステージ等で行われ、発表エリアの広さは10m四方を目安とする。

ルール 

(1)演技時間
  1分45秒±5秒(音楽の始めから終わりまで)

(2)人数
  1チーム3~5名とします。

(3)演技の構成内容
  演技中に「ジャンピングジャック」、「キック」及び「プッシュアップ」の基本動作要素を同じタイミングで2回以上連続して実施する。身体の向きの変化や移動等は自由。付加的な腕・脚の動きも自由で反復する必要はない。

(4)演技の評価項目
  「規定演技」では、動きの適応力・ポーズ・技術・リズム感が評価されます。「自由演技」では、下記の5項目が評価されます。

  • テクニック
    エアロビックの独自性を生かした、のびやかで的確な動きであるか、またその動きが十分に音楽のリズムにマッチしているか、を評価します。
  • フォーメーション
    チームメンバーによる隊型の変化や入れ代わり等、集団性を生かした演技構成であるか、を評価します。
  • チームワーク
    チームを構成するメンバー間のハーモニーが際立って良く、演技を引き立たせているか、を評価します。
  • オリジナリティー
    演技の構成やコスチュームなどにユニークな独自の表現がみられる個性的なチームであるか、を評価します。
  • ミュージカリティー
    音楽理解度が高く、演技内容と一致した選曲で、優れた音楽性を発揮しているか、を評価します。

<技術解説/基本動作要素>

ルール

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部スポーツ振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1391

ファクス番号:076-225-1388

Email:i-sports@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?