• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2021年12月9日

下水汚泥の有効利用

  居住環境の改善など下水道の普及拡大に伴って下水道から生み出される下水汚泥の量は年々増大していきます。最終処分地が逼迫しており、持続発展可能な循環型社会の構築が求められる時代であり、循環型社会の形成に向け、緑農地利用や建設資材利用等による下水汚泥の有効利用を推進する必要があります。

県内下水汚泥の有効利用率(H28~R2)

 

発生量

(DS-t/年)

有効利用量

(DS-t/年)

有効利用率

平成28年度 22,011 11,748 53.4%
平成29年度 22,122 11,793 53.3%
平成30年度 21,918 11,979 54.7%
令和元年度 21,555 11,902 55.2%
令和2年度 20,933 12,132 58.0%
  • 濃縮汚泥の固形物量(DS-t:乾燥重量)ベースに換算して算出

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:土木部都市計画課生活排水対策室

電話番号:076-225-1493

ファクス番号:076-225-1760

Email:gesuidou@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?