• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2018年10月18日

西田家庭園・来迎寺庭園

西田家庭園  玉泉園及び灑雪亭露地並びに庭園

江戸時代前期
金沢市小将町8-5
指定面積  約875平方メートル

西田家庭園
県指定名勝  昭和35年5月27日指定

山畔崖地を利用した上下二段式の池泉回遊式庭園。立地条件と水の動きを巧みに生かした庭である。下段の玉泉園は、西庭・本庭・東庭の三つに分けられる。本庭は、「水」字形池泉を中心に、山畔部を滝石組または流れとして、配石し、各所に燈籠や手水鉢を配し、変化に富んだ優美な景観を構成しており、興趣に富んでいる。また、広間の前庭として、観賞式の書院庭園としての手法もとられている。西庭・東庭は、青苔が一面に敷きつめられ、飛石が打たれ、手水鉢・燈籠などが景観よく配されている。
上段の灑雪亭露地並びに庭園は、千宗室(仙叟)の指導により作庭されたと伝えられ、茶席と露地・池泉からなる。待合や茶席への飛石が打たれ、茶席の前には雲龍の陽刻をなした優雅な蹲踞が設けられている。
以上の庭園工作物のほか、園内一面に密生する青苔の美しさ、兼六園の樹林を背景に、モミ・ヒノキ・ゴヨウマツなどの巨木の繁茂する幽玄美、技術を凝らした植栽の刈込の美など、日本庭園の総合美の真髄を味わうことができる。
作庭年代は江戸前期、文禄元年(1592)の秀吉の朝鮮侵略のおり、宇喜多秀家に伴われてきた朝鮮人少年で、加賀藩二代藩主前田利長の近侍となった脇田直賢(如鉄)が着工し、四代にかけて完成した。  

 来迎寺庭園

江戸時代
鳳珠郡穴水町字大町ヨ-109甲
指定面積  338平方メートル

来迎寺庭園
県指定名勝  昭和45年11月25日指定

来迎寺は、長氏の祈祷寺とされており、庭園は、本道の右横に位置する。数百年を過ぎた大杉の築山を背景に、その斜面の地勢にそって、狭い空間を巧みに利用して造られた書院庭園。心字池を中心とした池庭で、右手に出島があり、中央に小島があって石橋が架けられている。出島は、築山になっていて、中央に須弥山石を配する九山八海の手法と思われる立石と、周囲に大小数十個の石が組まれ、県下においては珍しい手法である。現在は地続きとなっているが、以前は中島であったようである。池中の石に杉の木が生えている。名づけて「青龍杉」といい、300年の樹齢を伝えている。護岸石組も控え目で、竹・モミジ・ツバキ・ツツジなど、技巧をこらさない自然的植栽となっており、素朴で枯淡静寂な庭園となっている。
伝承によると、上総の文助という落武者が作庭したという。作庭年代については、上部の崖地を利用して、これに二、三の巨石が、枯滝式や蓬莱式に組まれていることなどから、江戸初期末と考えられるが、小島や石橋・護岸石組などの手法から、江戸末期に大幅に改造されたものと思われる。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?