文字の大きさ
大
中
小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 連絡先一覧:組織から探す
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2012年7月5日

明泉寺石塔群在地

 明泉寺石塔群在地

鎌倉~室町時代
鳳珠郡穴水町字明千寺
指定面積  4,218平方メートル

明泉寺石塔群在地明泉寺石塔群在地

県指定史跡  昭和58年12月6日指定

明泉寺石塔群在地として地域指定を受けたのは、明千寺ルの部の明泉寺境内4,023平方メートルと、同寺から約300m離れた明千寺カの部の通称鎌倉屋敷と呼ばれる墓地195平方メートルの2ヶ所である。
明泉寺境内には鎌倉末期から室町時代にかけての石層塔・五輪塔・宝篋印塔・板碑など石塔のほか、石仏や水船など約150基、鎌倉屋敷には約70基の五輪塔や宝篋印塔が現存する。
これらの石塔群は、室町末期の「明泉寺境内絵図」にも描かれており、『能登名跡志』には「其頃(中世)は大加羅にて、今に十町の間に礎等其侭残りあり。今も畠山重忠の寄進の石燈籠、梶原景時の寄附の大石の手水鉢(水船)あり。頼朝公外将軍家の墓所(鎌倉屋敷)あり。境内広し。大石塔多くあり。」と記されている。
石造五重塔(重要文化財)を中心とする明泉寺境内の石塔群、頼朝の墓と伝える宝篋印塔を中心として林立する鎌倉屋敷の五輪塔群は、まさに偉観である。白雉3年(652)の開創と伝える真言の古刹明泉寺の中世盛時を語るとともに、中世石材文化の研究資料としても注目されている。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?