文字の大きさ
大
中
小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 連絡先一覧:組織から探す
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月21日

上町マンダラ古墳群・永光寺

上町マンダラ古墳群

古墳時代前期
七尾市中島町上町
指定面積  6,934平方メートル

上町マンダラ古墳群
県指定史跡  昭和55年10月7日指定

のと鉄道能登中島駅の北西約1.5km、熊木川西岸に突出する舌状丘陵端部に位置する2基の前方後円墳からなる古墳群。1・2号墳とも墳丘は、偏平な方台状をなす主丘部(後方部)に小規模な突出部(前方部)を付設するきわめて初源的な形態を呈し、前方後方形の古墳としては最古の一群に位置づけられている。
小規模とはいえ能登では最北端に位置する前方後方墳であり、中能登町大槻11号古墳などとともに、中能登町雨の宮1号墳に先行する能登最古の古墳としてその存在意義は大きい。
1号墳-全長19m、後方部長12.5m、同高1.5m、前方部幅6m、同高0.5m。2号墳-全長18m、後方部長12.5m、同高1.5m、前方部幅6m、同高0.5m。
昭和60年「石川県の文化財」より  

 永光寺

羽咋市酒井町・本江町
指定面積  2万3,913平方メートル
 

永光寺 永光寺
県指定史跡  昭和58年5月10日指定

酒井町西端、旧東往来から1kmの山峡に所在する。曹洞宗の瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が祖忍尼の寄進により、正和元年(1312)に創建。後醍醐天皇・足利尊氏・足利直義や在地守護などの庇護を受け、中世は30余の堂塔と20余の支院を擁する有力寺院であったが、近世には総持寺の末寺とされた。
近世後期再建の現伽藍は、簡素ながらも山門と法堂(仏殿を兼ねる)を結ぶ軸線の右側に庫裡、書院、方丈、浴室、左側に僧堂(座禅堂)、東司(便所)を配して回廊で結び、「永光寺方式」と名付けられる伽藍配置を残しており、回廊は伝燈院(開山堂)に続く。さらに、その奥の台上には径10m余、高さ5mの墳丘があり、「五老峰」と称され、如浄、道元、懐弉、義介、瑩山の遺物を収め、信仰の中心とすべきものとされている。庫裡の右側台上の三重塔跡は、暦応3年(1340)に尊氏、直義兄弟の発願により建立された能登国利生塔の跡である。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?